| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏祭り

夏と言えば・・・やっぱこれでしょ
この間の土・日曜日、かあちゃん達の住む市の夏祭りがあったんです。

かあちゃん『祭り』とか全くもって興味のない人間だったんです
かあちゃんの故郷でも勿論、お祭りはありましたが
大した有名な祭りでもないせいか
まあ、しょぼいお祭りだったからね・・・
そんなに盛り上がらないとゆ~か
そういえば今日、祭りか・・・?ぐらいのノリで
今まで祭りでワクワクしたりはしゃいだりって経験がなかったんです

だから祭りで『日本人の血が騒ぐ』だとかそんな心理全然わからなかったんですが・・・

四国恐るべしっ!
みんなめちゃめちゃ『日本人の血が騒ぐ』らしいです 
有名な祭りも多いからなのか?

私たちの住む町ではお祭りは秋祭りが一番盛り上がるんですが
街中が祭りに熱狂してる感じで、人々の話題も祭り一色。
とうちゃんもお祭りの太鼓の音が聞こえてくると
血なんて騒ぎまくり~の居てもたってもいられない状態に
なるようで・・・( ̄Д ̄;;
そんな心理、所詮よそ者のかあちゃんには未だ理解できないのだが

まあ今回は夏祭り!
かあちゃん、年甲斐も無く浴衣なんか着ちゃったりして
『祭り』を満喫しちゃいましたは-と

DSC02607.jpg


お目当ては勿論 『生ビール!』 
外で飲むビール 最高ーーーーヽ( ´¬`)ノ!!
浴衣着てまでビール飲むなよ!みたいな・・・

DSC02610.jpg


DSC02605.jpg


DSC02614.jpg


沢山の踊り子さん達が踊ってました
ノ・ 。・)ノアホイホイヽ(・。・ヽアホイホイヽ(;・。・ヽホホイノ(ノ・ 。・;)ノホイ

四国だけに『よさこい祭り風』な踊りが主流。

DSC02618.jpg


DSC02622.jpg


わが町の象徴といっても過言ではない『太鼓台』
だいたい各町内に一台あって(無い町内もあるみたい)
秋祭りではこれが全て出動し市内を練り歩くんです

かあちゃんが驚いたのは秋祭り期間中は学校・病院・会社など
お休みになるところが大半なんです!
凄くない?w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

DSC02626.jpg


夏祭り会場が近所だったのでぴーたんも散歩がてら一緒に
でかけたんですが・・・・
ビビリの彼女・・・・

人ゴミとスピーカーの大音量に驚いたのか『ヒーヒー』鳴きながら
とうちゃんの足にピョンピョン

『あたぴもう無理!とうちゃん抱っこナリ~~"(/へ\*)"))ウゥ、ヒック』って事?

仕方なくとうちゃんずーっとヤツを小脇に抱えてましたから(;^_^A
とうちゃん&かあちゃんの友達やら知り合いやらに会う度に
ぴーたんは触られまくりだしね

ぴーたん的には怖いし疲れたし散々な夏祭りだったようです。

一番疲れたのはヤツを抱いてたとうちゃんだけどね( ̄ρ ̄)ハゥゥゥ



スポンサーサイト

| かあちゃんの戯言 | 21:22 | comments:7 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

記念日

真剣な面持ちでお菓子の鼻ノセに挑戦中のぴーたん
かあちゃんの『フセ』と『マテ』の号令で
息するのも忘れちゃう程の緊張感漂うぴーたんであった

お菓子を食べたい衝動と必死に戦い
鼻はヒクヒク、小刻みにプルプル震えてるし(*≧m≦*)ププッ

初めてのお菓子3個ノセに成功かっ!
と思ったが・・・

かあちゃんがいつもより厳しい口調で『マテ!』
そして、ぴーたんの顔に添えていた手をそーっと遠ざけながら~

『待て!』

『まだマテだからね~』

『まだ・・・』



・・・・『パクッ・・・フガッ・・・。』早っ!

やはり無理でした・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)

あんにゃろー まだだっつーーーのに
少し体傾けて頭のお菓子を床に落として『パク』しました。
あれは、絶対わざとだね!

DSC02337.jpg


『かあちゃん・・・次は絶対待つ!

 だからもう一回やろうナリ~ちな♪


ヤだねっ!
そんな顔したって、もうやんないよ。
あんた、お菓子欲しいだけだろうが!

と、いつもはここでやめてしまうのだが
今日は特別!大サービスなのだーーーcake

とゆうのも、この後とうちゃんとかあちゃんはお出掛けKIRA KIRA
ぴーたんには申し訳ないのだがお留守番ねΣ( ̄ε ̄;|||・・・

そう、7月7日はとうちゃんとかあちゃんの記念日なんです
結婚して三回忌いや三回目の結婚記念日なのだ!
七夕が結婚記念日なんてまあ、ありがちだが
おめでたいんでないの~なんて勝手に思っていたかあちゃんに友達が一言。

『七夕って、織姫と彦星がやっと会える日でしょ?
     年に一度しか逢えないって・・・どうよ?』


確かに・・・。
織姫と彦星の物語って、結婚した二人が離ればなれになって
年に一度だけ会うことを許された日。
しかも七夕にお天気が悪くて天の川が見えなかったら、二人は会えないんじゃないのーーー?
これって、もしかして相当悲恋なお話なんじゃ・・・?
と、今更ながらに考えてしまいました。

かあちゃんもしかして悲劇のヒロイン?
↑勝手にヒロイン気取りのかあちゃんをお許しください・・・

とゆう訳で年に一度の(1度って・・・)スペシャルディナーを堪能してきました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
かなり写真がウザいかも・・・です

DSC02360.jpg

真ん中のがフォアグラと七穀米のリゾットです。
かあちゃん普段はビールしか飲まないのにワインなんぞ飲んでウハウハでした・・・
DSC02361.jpg

『ウニ』のクリームスパゲッティーです。
全然生臭くなくてまろやか~な上品なお味でした。
・・・・かあちゃんの解説いらんね。。。普段食べ慣れないもんで旨く表現できないしね。
DSC02362.jpg

これ、魚ね。 多分 鯛?だった
DSC02363.jpg

これは肉。煮込んであって超やわらかかった。
『舌の上でとろけるような~』←もういいから・・σ( ̄、 ̄=)
DSC02364.jpg


DSC02365.jpg


美味しい結婚記念日でした♪(* ̄ー ̄)v

| かあちゃんの戯言 | 00:05 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青春の味?

とうちゃんには忘れられない青春の味がある
なんでも、まだ若かりし高校時代
毎日のように通った喫茶店のスパゲッティーで
とうちゃんにとって『おふくろの味』的存在のようである

今でも外食する時『何食べたい?』と聞くと
この喫茶店のスパゲッティーが食べたいと連呼である・・・

そして悲報はもたらされた
創業五十数年、昭和の趣あふれるレトロな店内・・・
なつかしのメニュー・・・
とうちゃんがこよなく愛したその喫茶店が閉店するというではないか!
これは一大事(ノ゚⊿゚)ノ

なんとしても閉店前に食せねば!ということで
閉店一週間前、同士(高校の友達連中)に緊急連絡し会食。
(平日の昼休憩にそれぞれ別の職場からスパゲッティーを食べる為だけに集合。マジ?である・・・店内は満席。とうちゃんと同じ思いの大人たちでいっぱいw(゚ー゚;)wみんなスパゲッティー食べてるし・・・)

閉店一日前、また喫茶店へ・・・
混んでるだろうと予測して、15:00頃行ってみたが甘かった。
外まで並んでたので断念。

閉店当日、気合をいれて早めに10:00頃行ってみた
店内は混雑してたけど、なんとか座れて最後のスパゲッティーを注文。
とうちゃんは大盛りを注文したけど、断られました(o ̄∇ ̄)o!!ガーン
一人でも多くのお客さんにスパゲッティーを提供する為、大盛り禁止らしい

その 世にも美味しいスパゲッティー がこれ↓



『んっ・・・?』でしょ・・・

かあちゃんも初め『えっ?』と思いました。
とうちゃんにこのスパゲッティーがどれだけ旨いのか、熱く語られましたしね。。。

ホント『どんだけ~\(* ̄□\)』だっちゅーの。
↑使い方間違ってる?

DSC02286.jpg

なぜか生卵のってるし・・・
熱々の鉄板だし・・・

そんでこの卵を潰して鉄板で半熟に混ぜ混ぜして食べるんです

かあちゃんの地元(東北)ではスパゲッティーが鉄板にのってるなんて見た事も聞いたこともなかったのに~
この辺(四国)ではよくあるスタイルらしい・・・
デパートとかのお子様ランチのスパゲッティーも鉄板にのってるみたいです。ほんまかいな?子供火傷するんじゃ・・・?

スパゲッティーにはコーヒーフロートが付いてきて
なぜかお冷と同じ小さいコップに入ってます

私達の隣に座っていたカップルも本気でスパゲッティーの写メ 撮りまくってました・・・
鉄板と一緒に撮ったり、食べてるとこ撮ったりね∑( ̄ロ ̄|||)

DSC02287.jpg

そしてぴーたんにおねだりされていつものところへ
DSC02296.jpg

近くの『みかん畑』でカラス避け?の銃声が!
ぴーたん驚いて、とうちゃんの膝の上に避難した図
ここが一番安心なんだね~

DSC02298.jpg


みなさんも青春の味ありますか?

| かあちゃんの戯言 | 21:11 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。