| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トリプルヘッダー?


あ、何も言わないでくださいネ。

BIG HEADED

深くハマる性分なので・・・ビョウキだね。(苦笑)



スポンサーサイト

| オオアタマガメ | 17:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桃色部隊

IMG_5036.jpg
IMG_5039.jpg
IMG_5037.jpg

状態が落ち着いたのか?

更に発色してきたケンシロウ。

私的な萌えポイントは

赤い顔でもなく

顎でもなく

ピンクの皮ふでもなく

IMG_5038.jpg

口腔内。

上あごの濃紺色な粘膜にあるピンクなスポットです。(笑)



ついでにタトゥーも。
IMG_5043.jpg

全体の体色が薄くなってきて

結合組織の柄がはっきりしてきましたね。


IMG_5040.jpg

そして前足の鱗が、ほぼ黄色の発色だけだったのが

ピンク~オレンジ系に変化。



IMG_5042.jpg


タトゥーよ、お前もそろそろ・・・来るのか?(笑)




| オオアタマガメ | 12:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これが普通?

例のビルマです。

IMG_4922.jpg
IMG_4923.jpg
IMG_4924.jpg

顔つき、うすっぺら体形、長い尾。

なかなか好みな固体です。

IMG_4927.jpg
IMG_4921.jpg
IMG_4925.jpg

背甲はツヤがないなぁ~・・・良く言えばワイルドらしい?ってか。(笑)

オレンジが強い発色で、尾の赤の入り方も悪くないです。

元気で綺麗な固体ですが、ガリガリ君・・・メチャ軽いです。。

ウチに来て2日はカンシャを結構食べてましたが

その後は何も食わず・・・


IMG_4920.jpg

金魚漬け生活実施中。(苦笑)

活き餌は食べてくれるので、少し太らせてマージン取ってから配合に餌付けようと思います。

まあ、師匠コレクションから来た3個体は置いといて

自分でショップで購入した2個体は、ほとんど苦労なく人工飼料に移行できたのですが

今回は10センチ越えの個体と言うのもあり

正常なオオアタマは最初はこんなものなのでしょう。

実際、少し小さい同時入荷の亀仙人さん飼育個体は、配合バリバリ食ってるらしいですしね!(笑)

面倒ですが、こう言う苦しみ?も飼う楽しみなんですよね~(笑)



| オオアタマガメ | 13:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤い彗星

・・・・だけど名前はケンシロウ。

ついに皆さんご存じ「ケン」を迎える事になりましたぁ~!

IMG_4868.jpg
IMG_4867.jpg

ウチに来た経緯は・・・書くと長いので聞かないでネ。(笑)

やっぱ!コイツは想像以上のインパクトだゼ!(驚)

実物を見た第一印象は


ハア?何この赤さ!


ていうかピンク?!


つーかスゲェー!!


デジカメの設定がダメなのか?

ぜんっぜん実物の色味が伝わらないッス。。(汗)


IMG_4869.jpg

背甲はこんなですが、そのうち落ち着くかと思います。

一種の色彩変異じゃないかと思いますが、

脇の下なんか、アレは甲殻類の赤ですね!

茹でたカニとかの色ですヨ!


とりあえず、餌は食ってくれますが

食いムラが凄いです。。

朝はガン無視のくせに、夕方になるとバクバク食べたり・・・・

オオアタマ、毎度の事ですが神経質なカメです。(苦笑)




| オオアタマガメ | 01:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シウイ?1号

初めてのオオアタマ、シウイ1号。

IMG_4795.jpg
IMG_4794.jpg
IMG_4798.jpg

急に大きくなったと感じ、計測すると9.8センチありました。

後縁がギザギザしており、ビルマっぽい背甲をしております。

ってか、ビルマ?


IMG_4797.jpg

背甲も抜けてきて、赤味のある明るい色合いに。

IMG_4793.jpg

ペニスを確認できたのでオスが確定しました。

IMG_4796.jpg

性格は4号(ビルマ)の次に凶暴で、確実に私の指を狙ってきます。(汗)


IMG_4771.jpg

オス確定してから、分厚いメス体形から徐々に縦の比率が延びてきています。

同個体群と思われる、亀仙人さん飼育の3号より控え目な発色ですが、

飼育当初の予想を越える変化をしており、今後が楽しみです。(笑)











| オオアタマガメ | 19:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。